SEO対策「信頼度」

SEO対策においてユーザーとの接点をもつ機会が増えた中で、再度、見直して頂きたいのが、ユーザーのニーズに応える信頼度の厚いWebサイト運営ができているだろうかという初心に戻る心構えであります。SEO対策によって、集客やサイト訪問者が増加する傾向がみられたとしても、そこまでがゴールではなく、皆さんがサイト運営をする中で、紹介したい製品であったり、提供したサービスの本質を、まずは興味を持って頂き、ユーザーが求める商品としての候補にランクインするという目的があります。その為に、サイトコンテンツの「充実度」や「信頼度」の再確認を日々行っていきましょう。ユーザーは、商品購入前には、必ず商品の詳細情報を知りたがるものです。商品の形状、サイズ(タテ、ヨコ、高さ、幅など)、素材、防水性、色見など、基本はリアルなショップで、商品を確認するかのようなデーターが欲しいものなのです。サイト内でありながらも、店主側から詳細情報を提供されている事で、ユーザーは、店側の親切な対応力や、店柄などを「信頼度」という形で観察しているはずです。出来る限りの商品情報をサイト内に提供していきましょう。また、実際に商品をご購入頂いた際にも、商品の包装や扱いの細部に渡り、ユーザーは目を光らせている事を忘れてはなりません。そのような、心のこもった商品の配送には、後日、サイト内での口コミや問い合わせなどへの反響として寄せられ、結果的にSEOにつながってくるものなのです。サイトの運営も、商品管理も中途半端に行っていれば、やはり中途半端な「信頼度」しか生まれず、ユーザーからの「信頼度」も中途半端な結果として返ってくるはずです。SEO対策は、数字とのにらめっこだけではないのです。お客様の接点となる機会がある度に、お客様目線の心のこもったケアを心掛けましょう。店側の「信頼度」を集める事で、固定ファンやリピーターといった絆の強いユーザーが必ずみつかるはずです。

コメントする