コンテンツ制作とシステム開発

中小規模サイトとしては、良いものを作り、それをより早く、より正確に検索エンジンに伝えることが必要になってくるそうです。その解決策としていわれているのが、コンテンツとシステムに分けて考えるということのようです。SEO対策を、良いものを作るコンテンツ制作というものと、より早く正確に伝えるという適切なシステムでの運営に分けて実行しようというのです。正しい内部制作というのには、コンテツ制作とシステム開発へのコストは大きいといえるようです。これを業者に依頼するとなると、コストは非常に高くなり中小規模のサイトには負担はできなくなるかと思います。コンテンツ制作とシステム開発というのは、異なる必要となる知識が必要だそうです。コンテンツ制作には細かな技巧的な要素はあるとはいえ、Webサイトで扱う分野に関する知識が大切となるそうです。これはSEO対策に関する専門知識というものは十分対応できるそうです。システム開発の方はSEO対策はもちろん、Web対策に関連する幅広い専門知識が必要となってくるそうです。中小規模のWebサイトにあっては、コンテンツ制作はサイトの管理者が行うそうです。そしてSEO業者はシステム開発に特化することを推奨しているといいます。SEO対策の知識はあったとしても、Webサイトの提供サービスなどの知識がないライターがコンテンツを制作するよりも提供分野の知識がある管理者や企業がコンテンツを制作した方が、Webサイトの利用する側にとっては価値があるサービスが提供できるのは当たり前のことだと思います。一方で専門知識と技術が必要なシステムを汎用的なシステムとして開発することができれば、開発コストを利用者に按分してもらえるようです。

コメントする