SEOと営業

 

SEO対策を専門とする業者の中にも、営業を広く行っているところがあります。ネットでその対策効果をアピールするにとどまらず、電話を掛けたり、訪問したりする業者も存在します。

特に飛び込み営業やメール営業は迷惑を掛けてしまう行為であるため、あまり推奨できるものではありません。読者の中にもこの種の営業を掛けられ、困り果てた人は少なくないはずです。実は電話までして営業しているSEO対策業者というのは、企業同士が組織化していることが多くあります。こうした組織でネットワークを強化すれば、受注し易いという寸法なのです。

 

さて、SEO対策をする上で、一番大切な施策と言えば、やはりキーワードの選択です。SEO対策は適切に行えば、どの業者も検索結果の1ページ目に表示させることくらいはできます。しかしそれだけではアクセス数が増えるとは限りません。またアクセス数が伸びても、購買に繋がらない可能性もあります。何故なら、そもそも自社の製品・サービスに興味の無い閲覧者がアクセスしていることも否定できないからです。こうした現象の多くは、キーワードの選択ミスに起因するものです。ですから集客を念頭に置いたキーワード選択が何よりも大切になるのです。

SEO対策を行う前にキーワードを適切に抽出しなければ、どんなに施策しても徒爾に終わってしまいます。とはいえ、初心者が適切にキーワードを選び出すのは簡単ではありません。そこで、ネット上のツールを使うことが推奨されます。ネット上には便利なツールが溢れていますが、その中に、キーワードを作成してくれるものがあるのです。それらのツールが志向していることは、想定客層とマッチしていること、及び検索されやすいことです。

例えば、新商品名等は、検索ワードとして設定するのに適切ではありません。

コメントする