HP以外のSEO対策

自社のことを知ってもらうためには、HPを閲覧してもらうことが肝心です。しかしすぐにHPを準備できなかったり、何らかの理由でHPを持つことが出来なかったりすることもあるでしょう。

そのような場合、自社の存在を広く知らしめる術は他に無いのでしょうか。実はHP、ウェブサイトを所有していない企業であっても、グーグル等の検索エンジンに名を広めてもらうことは可能です。

その典型例は、地図に表示してもらうものです。大手の検索エンジンであれば、検索結果として地図表示も自動的に行われます。検索ワードとして地名を入れた場合は、当該地域の地図が表示されますし、入れなかった場合は、PCやモバイルの位置から、自動的に最寄りの地図が表示されます。これらの地図には多くの情報が記入されていますが、その情報はインターネットユーザーが登録したものも含まれています。つまり自社の情報をグーグルに登録するだけで、実質的にSEO対策となっているのです。

登録方法を具体的にご説明しましょう。企業の担当者であれば、まずはグーグルマイビジネスに登録するのが無難です。それだけで検索結果画面に表示される地図に、自社の情報が現れる可能性が高まります。もちろん登録する文面等にも注意を払う必要があります。文面が検索されるワードと関連するものでなければなりません。

どうしてもSEO対策にかける時間的、経済的余裕のない企業、あるいはそもそもHPを有していない企業は、グーグルマイビジネスから始めてみると良いでしょう。もちろん本格的なSEO対策に比べれば質は劣りますが、マイビジネスの効果を知った上でSEO対策に取り掛かっても遅くはありません。

コメントする