内部対策と外部対策

 

SEOは内部対策と外部対策とに分かれます。

内部対策としては、タイトルの付け方に工夫を施すことが挙げられます。もちろんタイトルだけではなく、本文の内容、書き方も重要なポイントです。

外部対策としては、当該サイトにリンク付けするサイトを別途作成することが挙げられます。つまりSEO用に創作したサテライトサイトにリンクを張って、当該サイトへのアクセス数を稼ぐのです。

初心者はすぐに外部対策を施策することが出来ませんから、まずは内部対策から始めるのが無難でしょう。慣れてくれば外部対策にも取り組めばよいのです。

 

SEOも時代の変遷と共に、方法論や目的が少しずつ変化してきました。もちろん検索結果上位に表示させるという最大目的は変わらないのですが、検索エンジンの動き方や評価方法が変化することから、それに合わせた対策が必要となるのです。

現在SEO業界で常識となっているのは、コンテンツの充実が成功の鍵であるということです。大企業のサイトの運営担当者は、すぐにでもSEO対策を外部委託すればよいのでしょうが、中小企業の担当者は委託するのも簡単ではありません。

小さいサイトであれば自社内でコンテンツを充実させることも可能ですから、初めから諦めずに挑戦することをお勧めします。

確かに細かく施策し始めると、HTMLの知識やページの作成スキルが必要なのですが、コンテンツに特化した施策で乗り切れば、素人に毛が生えた程度のスキルでも、十分対応することが出来るのです。

SEO対策の担当者は、まずワードプレスというシステムの存在を知って下さい。このシステムはCMSの一つで、現在は主流の施策の一つとなっています。他にもブログを有効に活用することでSEO対策を行っている企業もあります。