コンテンツの組み立て方

 

ウェブサイトの記事を良質のものにするだけで、SEO対策に代えることができます。しかし適切に改善しなければ、その効果は小さくなってしまいます。いくら内容が優れていても、検索エンジンの性質を無視したものであれば、反映されないということです。つまり閲覧者に興味を持たせる内容であると共に、検索エンジンに拾われやすい内容や構成でなければならないのです。

そもそもウェブサイトは、非常に奥の深い領域です。

ですからサイトの改善を試みる時は、多くの専門家が関わることになります。つまり役割分担が複雑化しているのが通例です。門外漢にとってはプログラミング、デザインといった具合に単純に分けることが役割分断ですが、実際はもっと細かく分かれています。

例を挙げると、ディレクション、デザイン、コーディング、システム、コンテンツ、マーケティング、診断等があります。SEO対策もこれらと並んで専門領域とされており、そのスキルの細部を習得するためには、特別な勉強が必要になるのです。

 

では巷に溢れているウェブサイト制作業者は、全てこうした役割分担を実施しているのでしょうか。

実は多くの業者はそこまで手広く受注できていないのが現実です。つまりデザインだけしてSEO対策を全く行わなかったり、専門外の施策を外部に委託したりするのです。

クライアントはこうした実情に気付いているところもありますが、中小企業の担当者であれば、全く気付かずに発注してしまうことがあります。それ自体はクライアントの責任でもありますが、SEO業者としても、悪徳業者のような営業は避けなければならず、注意喚起しているところもあります。